GWは家族で楽しめる“名探偵”映画が大集合!あなたはどの名探偵と事件を解決する?

©株式会社クラップス

©Troll/POPLAR ©鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京 ©松本ぷりっつ/主婦の友社 ©coyote
©2019東映まんがまつり製作委員会

新元号・令和へと時代が移り変わる記念すべき2019年のゴールデン・ウィークは、偶然にも名探偵を扱う映画が多数公開される。

今月4月ついに29年ぶりの復活を遂げる「東映まんがまつり」も、幼児から小学校低学年の男女で大人気の「おしりたんてい」の映画版『映画おしりたんてい カレーなる じけん』含む豪華4本立て。このGWに家族で観に行けばきっと素敵な思い出になること間違いなしの“名探偵”映画を紹介する。

「東映まんがまつり」/『映画おしりたんてい カレーなる じけん』(4月26日(金)全国ロードショー)

©Troll/POPLAR ©2019東映まんがまつり製作委員会

1967年から始まり、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向け映画をオムニバス形式でまとめて上映した伝統あるシリーズ。1990年の春まで「まんがまつり」というタイトルで行われた本作が、平成の終わりに差し掛かった今、29年ぶりの復活を遂げる。

今回目玉となる作品には幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」の劇場版『映画おしりたんてい カレーなる じけん』が登場。本作では、新しいお店のカレーに欠かせないスパイスが無くなる事件が発生し、おしりたんていが助手のブラウンとともに、犯人捜しをすることに。どんな難事件でもププッと解決する姿がやみつきになること間違いなし。

『劇場版名探偵コナン 紺青の拳』(大ヒット上映中)

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

日本で名探偵といえば江戸川コナンを思い浮かべる方も多いはず。今回で劇場版23作目となる本作ではシリーズで初めて舞台を海外のシンガポールへと移し、19世紀末に海賊船と共に海底へと沈んだとされる世界最大のブルーサファイア“紺青の拳(フィスト)”を巡って発生した殺人事件を皮切りに、シリーズ屈指の人気キャラである怪盗キッドと京極真、そして名探偵コナンが雌雄を決し事件解決を目指す三位一体のバトルミステリー。

この大人気シリーズの劇場版は毎年興行収入を更新し続け、昨年公開の『名探偵コナン ゼロの執行人』はついに90億円を超えるメガヒット作品に。ドキドキハラハラする展開と共に、ラストに判明する驚きの真実を劇場で目撃するべし!

『名探偵ピカチュウ』(5月3日(金)日本先行公開)

© 2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Pokémon.

日本発のあの大ヒットゲーム「ポケットモンスター」がまさかのハリウッドで実写映画化。ポケモンと人間が共存する世界で、主人公の青年がピカチュウと共に、父が謎の失踪を遂げた事件の解明に挑む。

公開前から予告編や新映像が公開されるたびに、慣れ親しんできた様々なポケモンたちが実写化されている様子や、ピカチュウのカワイイ見た目とは裏腹の渋くてカッコいい声のギャップが大きな話題を呼び、特にシワシワなピカチュウのビジュアルがSNSを中心に爆発的な人気に。可愛くもカッコよく事件を解決するピカチュウを見届けに映画館に足を運んでみては?

■他の記事も読む