JAXA、国際宇宙会議に出席「ISEB学生派遣プログラム」参加学生募集

©株式会社イード

JAXA宇宙教育センター

JAXA宇宙教育センターは、2019年10月21日から25日にアメリカ・ワシントンD.C.で開催される「第70回国際宇宙会議(IAC2019)」および「ISEB学生派遣プログラム」に参加を希望する大学生・大学院生を募集する。

「IAC」は、各国の宇宙機関長並びに幹部、学者、研究者、企業、若手研究者、学生などが参加する国際宇宙会議。70回目を迎える今回は、「Space:The Power of the Past, the Promise of the Future,(宇宙:過去の力、未来の約束)」をテーマに開催する。

「ISEB学生派遣プログラム」は、IAC会期中、AEM、CNES、CSA、ESA、JAXA、KARI、SANSA、NASA、VSSEC、UAEを含むISEBのメンバー機関が協力し、宇宙分野での知識・理解増進の機会を学生に提供するとともに、学生を交えた学術・研究交流を奨励し、国境や専門領域の違いを超えて友好の輪を広げることを目指す、学生のためのプログラム。派遣期間中には、学術セッションへの参加や世界各国の宇宙機関・企業・団体による展示の見学のほか、あらゆる宇宙分野の専門家や他国の学生との交流、研究成果の発表や宇宙教育活動を実践する機会が提供される。

対象は、満20歳以上満30歳以下の日本国籍を有する大学生または大学院生(9月1日現在)。派遣期間全日程の参加と英語でのコミュニケーションが可能であることが条件。派遣先は、「IAC2019」開催地であるアメリカ・ワシントンD.C.。派遣期間は「IAC2019」開催期間である10月21日から25日を含む前後10日間程度。

定員は6名から8名(予定)。参加希望者は、JAXA宇宙教育センターWebサイトに掲載されている募集要項を確認のうえ、指導教官または専攻長などの承諾を得て、必要書類を事務局へ一括郵送もしくは手渡すこと。締切りは5月17日(郵送必着)。手渡しは午後5時まで受付。

応募締切後、6月3日に第1次選考(書類審査)の結果を通知する。6月11日から14日に行う第2次選考(電話面接審査)では英語と日本語による口述試験を実施し、6月19日に結果を通知する。

◆「ISEB学生派遣プログラム」参加者募集

応募資格:

・2019年9月1日(日)現在、満20歳以上満30歳以下の日本国籍を有する大学生または大学院生

・派遣期間全日程の参加が可能であること

・英語でのコミュニケーションが可能であること(英語で自分の研究内容を説明でき、意思疎通が図れること)

募集人数:6~8名(予定)

応募方法:募集要項を確認のうえ、指導教官または専攻長などの承諾を得て、必要書類を事務局へ一括郵送もしくは手渡し

応募締切:2019年5月17日(金)郵送必着

※手渡しは17:00まで受付

桑田あや