萩生田氏、消費増税への異議否定

延期発言は「個人の見解述べた」

©一般社団法人共同通信社

報道陣の質問に答える自民党の萩生田光一幹事長代行=19日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の萩生田光一幹事長代行は19日、10月の消費税増税延期の可能性に言及した自身の発言に関し「私の個人の見解を述べた。政府の方針に異議を唱えるつもりはない」と釈明した。党本部で記者団の質問に答えた。

 延期論への言及に当たり、安倍晋三首相や官邸側とのやりとりはなかったと否定した。

 消費税増税を巡り6月の日銀の企業短期経済観測調査(短観)が示す景況感を見るよう指摘した発言に関しては「景気の腰折れがないよう、足元の数字を見落とさず目配りする姿勢を示した」と説明した。