日通、船と鉄道を組み合わせた輸入貨物配達ソリューションサービスを開始

©株式会社エキスプレス

日通は、海上輸送と鉄道輸送を組み合わせたBCP(事業継続計画)対応用の輸入貨物配達ソリューション「NEX OCEAN-SOLUTION BCP PACK」を、きょう4月19日から販売をスタートさせた。

NEX OCEAN-SOLUTION BCP PACK は、貨物量の増加で混雑する東京港への入港を避け、名古屋・博多港などを経由し、鉄道や内航船を活用して西日本から関東・東北エリアまで輸送するサービス。配達先まで輸入貨物を安定的に供給できる。

また、近年の災害など非常事態へのリスクヘッジや、ほかの企業との差別化を図るうえでBCP(事業継続計画)対策に大きくつながる輸送サービスとして期待される。

同サービスは、輸入貨物が集中する東京港の混雑を回避することで、輸送の安定化、効率化が図れる点が特長。

荷揚港にこだわらない物流スキームを構築することで、アジア各国発の輸入貨物のリードタイム短縮を実現。

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催時に、混雑が予想される東京港港湾地区での運行回避が可能になる。