アマゴルフ、男子で日本が優勝

団体対抗戦のネイバーズ杯

©一般社団法人共同通信社

 日本、韓国、台湾によるアマチュアゴルフの団体対抗戦、ネイバーズトロフィーは19日、宮崎市のトム・ワトソン・コースで最終ラウンドが行われ、男子の日本が通算627で優勝した。2位は台湾で、34打差だった。女子は645で2位。12打差で韓国が制した。

 個人では男子の桂川有人(日大)が67をマークし通算206で1位、中島啓太(日体大)が5打差の2位、米沢蓮(東北福祉大)が3位、久常涼(岡山・作陽高)が4位と上位を独占。女子は吉田優利と梶谷翼(兵庫・滝川二高)が215でともに3位、小倉彩愛が5位、後藤未有は8位だった。