「酔うと化け物になる父がつらい」 GOOD ON THE REELが 主題歌「背中合わせ」、挿入歌「禁断の果実」を書き下ろし!

©有限会社ルーフトップ

秋田書店の Web サイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ家族崩壊ノンフィクション 「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)。原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験による コミックエッセー。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔 って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく...毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展 開とラストに「涙が止まらない」と話題になった。

そしてこの度、映画主題歌&挿入歌が決定!主題歌「背中合わ せ」は、千野隆尋(vo)、挿入歌「禁断の果実」は岡崎広平(Gt)がそ れぞれ映画をイメージして書き下ろし、GOOD ON THE REEL の 優しく繊細なロックサウンドが本映画に花を添える。

主題歌「背中合わせ」作詞・作曲 千野隆尋(vo) コメント

伝えることはとても難しい。親子関係はもちろん、彼氏彼女、教師生徒、友達。でもそこに真心さえあれば、いつか伝わると思うのです。背中合わせで生きる僕らはいつだって、手を取り合うことができるのです。

挿入歌「禁断の果実」作詞・作曲 岡崎広平(Gt) コメント

一時の快楽と引き換えに少しずつ破滅に進んで行く人間味を、教典や吸血⻤をテーマに妖しげなグランドピア ノのメロディに乗せて作りました。

本楽曲の発売日に関しては未定。

GOOD ON THE REEL(グッド オン ザ リール)

同じ学校で出会ったメンバーで 2005 年に結成。心に響く歌詞やメロディで独自の世界観を奏でる五人組。バンド名は"なんか良い感じ"の意味。2011 年のデビューから試聴機をきっかけとした口コミだけで爆発的な反響を起こし、ワンマンチケットは数時間で SOLD OUT。2015 年のメジャー・デビュー後の 2016 年には、自主ライブ企画「HAVE A "GOOD" NIGHT」50 回目の開催となる日比谷野音公演も完売。2019 年には、自ら立ち上げたレーベル lawl records としてユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、新たな出発を迎える。

2019年度全国公開予定
【出演】今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、安藤玉恵、宇野祥平、森下能幸、星田英利、オダギリジョー、浜野謙太、ともさかりえ
【監督】片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
【脚本】久馬歩(プラン9)、片桐健滋
【原作】菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
制作プロダクション:CREDEUS
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
製作:「酔うと化け物になる父がつらい
製作委員会 配給:ファントム・フィルム
映画公式 Twitter:@youbake_movie
映画公式 Instagram:@youbake_movie
映画公式 HP:http://youbake.official-movie.com