阪神メッセンジャー、5回途中6失点KO 小林&岡本に2本塁打食らう

©株式会社Creative2

4回には北條の2度の悪送球で2点を失う

■阪神 – 巨人(19日・甲子園)

 阪神のランディ・メッセンジャー投手が5回途中6失点でKOされた。19日、本拠地甲子園球場での巨人戦。2回に小林に先制3ランを被弾するなど、巨人打線につかまった。

 2回に亀井、ゲレーロの連打でピンチを招くと、小林に今季初本塁打となる3ランを被弾。4回には北條の2度の悪送球で2点を失い、5回には岡本に7号ソロを浴びた。

 さらに亀井に強襲ヒット、ゲレーロにも左前安打を許し、ここで矢野燿大監督もたまらず継投。メッセンジャーは4回0/3で8安打2本塁打6失点で降板した。(Full-Count編集部)