シティライトとJFE西が4強 社会人野球岡山大会第4日

©株式会社山陽新聞社

【シティライト岡山―JR西日本】タイブレーク延長10回表シティライト1死一、二塁、妹尾が右前適時打を放ち4―3とする。捕手原田広=倉敷市営

 社会人野球の第62回岡山大会(山陽新聞社後援)第4日は19日、倉敷市のマスカットスタジアムと市営球場で予選リーグの残り6試合があり、郷土勢はシティライト岡山が9年ぶり、JFE西日本が7年ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。三菱自動車倉敷オーシャンズは敗退した。

 シティライトはJR西日本に6―4で勝利。2勝1敗で宮崎梅田学園と並び、直接対決の結果でB組1位となった。JFE西日本は4―3でホンダ熊本を破り、3連勝でC組1位。三菱倉敷はJR東日本との全勝対決に0―6で敗れ、D組2位だった。

 シティライトは13安打と打線が活発で、タイブレークの延長十回1死一、二塁から妹尾、代打坂口の連続適時打と岩城の犠飛で3点を勝ち越した。七回から登板した新人左腕の久保田は3回2/3を被安打1、自責点0の好投で勝利を呼び込んだ。

 JFE西日本は1点を追う九回2死二塁から橋本の右中間三塁打で追い付くと、延長十回に斉藤、岡の適時打などで3点を挙げ、裏のピンチをしのいだ。先発谷中は要所を締め8回を8安打1失点に抑えた。

 三菱倉敷はホームを踏めず、六回の大量5失点が響いた。A組は3連勝のホンダが勝ち上がった。

 最終日の20日は同スタジアムで午前9時から、ホンダ―シティライト岡山、JR東日本―JFE西日本の準決勝に続き決勝が行われ、優勝チームは今秋の日本選手権(京セラドーム大阪)の出場権を得る。

 ▽予選A組

ホンダ

001001000|2

000000000|0

大阪ガス

(ホ)東野―辻野

(大)緒方、中谷、温水、秋山、飯塚―鳥飼、高橋

▽三塁打 西銘(ホ)▽二塁打 土井(大)

 ▽同B組

シティライト岡山

0011001003|6

0021000001|4

JR西日本

(延長十回、十回からタイブレーク)

(シ)後藤田、久保田、牛嶋―妹尾

(J)山下、西川、向井、湧川―原田広

▽本塁打 佐藤(J)

▽三塁打 妹尾(シ)鳥居(J)▽二塁打 谷2(シ)大倉(J)

 ▽同C組

JR四国

0000001001|2

0000100002x|3

西濃運輸

(延長十回、十回からタイブレーク)

(J)谷川―岡田佑、小林

(西)北村、六信、嶽野、堀田―柏木

JFE西日本

0000000013|4

1000000002|3

ホンダ熊本

(延長十回、十回からタイブレーク)

(J)谷中、小林―浦

(ホ)下平、片山―浜岡

▽三塁打 橋本(J)▽二塁打 中島(ホ)

 ▽同D組

三菱自動車倉敷オーシャンズ

000000000|0

01000500X|6

JR東日本

(三)川村、矢部―森、本木

(J)伊藤、宮本、須永―柴田紘、鈴木

▽二塁打 東條(J)

伯和ビクトリーズ

0000000|0

0310003x|7

王子

(七回コールド)

(伯)園田、花井、河野―橋本、根岸

(王)中内、近藤、高橋―賀部

▽三塁打 大杉、神鳥(王)▽二塁打 沖繁2、秦、横川(王)