茨城国体・障スポ大会 式典に渡辺徹さんら 開・閉会式 24日から観覧者募集

©株式会社茨城新聞社

今年秋の茨城国体・全国障害者スポーツ大会の開会式・閉会式に出演するアーティストらが19日、明らかになった。タレントの渡辺徹さんや磯山さやかさん、シンガーソングライターの磯山純さんなど、本県ゆかりの著名人計11人が出演し、約100団体・県民7200人が参加する式典を盛り上げる。開会式・閉会式の観覧者募集は24日にスタートする。

定例会見で大井川和彦知事が発表した。

国体総合開会式(9月28日、笠松運動公園陸上競技場)には著名人6人が出演する。渡辺徹さんの司会でオープニングプログラムの幕が上がり、総勢約1800人が出演する式典前演技の語り手を俳優の渡辺裕之さんが務め、磯山純さんがイメージソング「そして未来へ」を熱唱する。式典では国旗掲揚に合わせ、水戸市出身の和楽器バンドボーカル・鈴華ゆう子さんが国歌を独唱する。トリを飾るエンディングプログラムは、歌手の城之内早苗さん、マシコタツロウさん、磯山純さんのミニコンサートで最高潮に高める。

国体・総合閉会式(10月8日)は渡辺徹さんが引き続き司会を務める。

障害者スポーツ大会開会式(同12日)も本県ゆかりの6人が出演。渡辺徹さんが司会を務め、渡辺裕之さんと磯山純さんが歓迎の式典演技に参加する。盲目ソプラノ歌手の田中玲子さんが国歌を独唱し、最後にダンスボーカルグループ「NEVA GIVE UP」とねば〜る君のミニコンサートで盛り上げる。

障スポ大会閉会式(同14日)は磯山さやかさんが司会を務め、アーティストの石井竜也さんがファイナルステージに登場する。大井川知事は会見で「茨城の魅力を存分にアピールできる式典にしたい」と述べた。

観覧者の募集期間は24日〜6月28日。各式典とも定員約5千人で、応募多数の場合は抽選し、結果は7月22日以降に通知される。県実行委員会ホームページから申し込むか、県庁や各市町村窓口にある専用申込用紙に記入の上、郵送する。

国体・総合開会式の入場料は大人千円、子ども(小学生以下)500円。国体・総合閉会式と障害者スポーツ大会開会式・閉会式は入場無料。(成田愛)