米バレエ、中1の佐藤さんが2位

若手国際コンクール

©一般社団法人共同通信社

バレエの「ユース・アメリカ・グランプリ」で演技する佐藤可惟さん=米ニューヨーク(高橋大輔氏提供、共同)

 【ニューヨーク共同】若手バレエダンサーを対象にした国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)」の審査結果が19日、米ニューヨークで発表され、9~11歳の男子部門で福島県いわき市の小名浜第二中1年、佐藤可惟さん(12)が2位になった。1位はベルギーのマティス・レベンスさんだった。

 複数人で演技するアンサンブル部門では、くるみダンスファクトリー(岡山市)の4人が3位に入った。

 時差ぼけで演技中は少し眠かったが、緊張はしなかったという佐藤さんは取材に「1位を取りたかった。少し悔しい」と語った。

バレエの「ユース・アメリカ・グランプリ」の9~11歳男子部門で2位となり、トロフィーと賞状を手にする佐藤可惟さん=19日、米ニューヨーク(共同)
バレエの「ユース・アメリカ・グランプリ」のアンサンブル部門で3位に入ったくるみダンスファクトリーの(左から)国末莉沙さん、高尾静奈さん、木下真綾さん、野勢愛莉さん=19日、米ニューヨーク(共同)