サクラマス引き続き好調

©株式会社福井新聞社

福井市の吉田さんが若狭大島沖で釣ったチヌの魚拓

【越前海岸】敦賀の阿曽や横浜テトラでチヌがちらほら。松原海水浴場などの砂地でカレイが狙いどころ。早朝、アオイソメなどの虫餌で。

【福井新港】チヌがいよいよシーズン到来か。三国突堤などで50センチ超えも。チヌの外道でホウボウ、カナガシラ。オキアミのかごぶっ込みで。アジングでメバルが少し。50センチを超すアイナメの釣果もあった。アジは不調。

【嶺南】高浜漁港の堤防で、日むらはあるが春の魚、サヨリが浮き釣りで。和田漁港では、投げ釣りで20~25センチのカレイがぽつぽつ。

【河川】サクラマスが引き続き好調。60センチオーバーと型も十分。雪が少なかったわりに、長くシーズンが楽しめそう。

【沖合】敦賀新港沖で20~30センチのカサゴ。10匹ほどの釣果あり。三国沖、水深100メートルあたりでマダイ。タイラバで80センチオーバーが数匹とまずまず。若狭大島沖で福井市の吉田修久さんが55センチのチヌ=魚拓。ノッコミが始まっているのか、腹が膨らんでいた。