鮮やか花のじゅうたん 富田さとにわ耕園のシバザクラ 千葉市若葉区

©株式会社千葉日報社

ピークを迎えているシバザクラ=千葉市若葉区の富田さとにわ耕園

 千葉市若葉区の富田さとにわ耕園(市富田都市農業交流センター)で、約12万株のシバザクラが見頃を迎えている。約1万平方メートルの敷地内にピンクや白、紫の鮮やかな“じゅうたん”が広がり、来園者の目を楽しませている。

 同園によると、今年は春先に寒い日が続いたため、開花がやや遅れ心配されたが、例年通り満開に。青いネモフィラや色とりどりのポピーも咲き誇っており、来園者は記念撮影したり散策したりと春の一日を楽しんでいる。

 「里山に囲まれたお花畑の風景は市内でもなかなかない。ぜひ足を運んでほしい」と同センター長の今関昭夫さん。シバザクラは来週末頃まで、ネモフィラなどは連休中も楽しめるという。

 21日には和太鼓演奏のイベントが開かれる。問い合わせは同園(電話)043(226)0022。