拉致被害者救出へ署名活動

曽我ひとみさん「日朝会談を」

©一般社団法人共同通信社

署名活動に参加した曽我ひとみさん(左)=20日午前、新潟県佐渡市

 北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(59)が20日、一緒に拉致されたまま帰国が実現していない母ミヨシさん=失踪当時(46)=らの救出を求め、地元の新潟県佐渡市内での署名活動に参加した。報道陣の取材に応じ「家族が一日一日待ちわびていることをしっかり考え、安倍晋三首相は日朝首脳会談を早期に行ってほしい」と訴えた。

 新元号となるのを前に「昭和や平成では解決できなかったが、新しい令和の時代に解決してほしい」と強調。「母のことを思わない日はない。きれいに咲いている桜を見せてあげたい。元気で一日も早く佐渡に帰ってきてほしい」と語った。