敦賀気比が序盤で4点、科技破る

©株式会社福井新聞社

春季高校野球福井県大会1回戦・科学技術―敦賀気比 三回裏、前川誠太の適時打でホームへ駆ける敦賀気比の野道大誠=4月20日、福井県敦賀市総合運動公園野球場 

 春季北信越地区高校野球福井県大会の1回戦は4月20日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、敦賀気比が5-2で科学技術を破り、2回戦へ進出した。

科学技術 000 100 010…2 121 000 10×…5 敦賀気比

■科学技術 井手翼、渡部陽―岡部大空 ■敦賀気比 松村力、平山開成、笠島尚樹―御簗龍己

⇒福井県大会トーナメント表

 敦賀気比は初回、四球で出た走者を二塁へ進めると4番打者の木下元秀がライトフェンス直撃の適時二塁打を放ち先制。二回には敵失と前川誠太の中前打などで1死二、三塁とし、松村力のセンターへの犠飛で1点追加。続く上間洸太の適時三塁打で3-0とリードを広げた。三回にも、二塁打で出た野道大誠を前川が左前適時打で返し1点を加えた。

 先発の松村は安定したピッチングで連打を許さず6イニング1失点。平山開成、笠島尚樹の継投で科学技術の反撃を1点に抑えた。

 科学技術は四回、中前打で出塁した先頭の蓬莱谷歩夢を二塁へ進めると、川村柊太郎がしぶとく中前へポテンヒットを放ち1点を返した。八回には1死一塁から渡辺陽が中堅の脇を抜ける鋭い当たりで一走が生還。2-5と差を縮めたが、試合をひっくり返すことはできなかった。

 敦賀気比は2回戦(4月27日、福井県営球場)でプロ注目左腕・玉村昇悟を擁する丹生と対戦する。

⇒敦賀気比―科学技術の熱戦写真はこちら