「長崎県内でも聖火ランナー募る」 日本生命保険の筒井会長

©株式会社長崎新聞社

「聖火ランナーを今後募集する」と伝えた筒井会長=長崎新聞社

 日本生命保険の筒井義信会長は19日、長崎新聞社を訪問し、2020年東京五輪の聖火ランナーを今後、長崎県内からも募集することを伝えた。

 筒井会長は長崎支社の従業員約700人への激励、長崎県内企業へのあいさつのため来県。長崎新聞社の徳永英彦社長と懇談した。

 東京五輪の聖火リレーは来年5月、長崎県内に入る予定。日本生命保険が東京五輪聖火リレーのパートナーになっており、筒井会長は「今後、長崎県からも聖火リレーランナーなどを募集することになる」と述べた。このほか、長崎や佐世保両市などで植樹や育樹といった社会貢献をしていることも紹介し「今後も継続してやっていきたい」と話した。