北朝鮮高官、ボルトン氏非難

米政権強硬派を連日けん制

©一般社団法人共同通信社

北朝鮮の崔善姫第1外務次官(左)、ボルトン米大統領補佐官(ロイター=共同)

 【北京共同】北朝鮮の崔善姫第1外務次官は20日、米朝首脳が意欲を示している3回目の首脳会談開催を巡り、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が横柄な発言をしたとして強く非難した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

 北朝鮮は18日にはクォン・ジョングン外務省北米局長が、ポンペオ米国務長官を米朝交渉の担当から外すよう要求したばかり。核問題で厳しい姿勢を取るポンペオ、ボルトン両氏をトランプ米大統領から引き離そうとの狙いがうかがえる。