マンU、ルカク売却で資金確保か?

©フットボール・トライブ株式会社

ロメル・ルカク 写真提供:GettyImages

マンチェスター・ユナイテッドがベルギ代表FWロメル・ルカクの売却はオープンな状態になっているようだ。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにポジションを譲り、出場機会も減少しているルカク。

同紙によると、現在週給25万ポンド(約3636万円)もらっているルカクを売却し、資金を確保する用意を進めているようだ。

ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアやラッシュフォードとの契約延長交渉で給料を巡り、交渉が難航していると伝えられていることや、新選手獲得へ向けた資金に充てる考えのようだ。

また、ルカクの獲得にはイタリアからの関心が伝えられており、ユベントスやインテルが獲得を画策しているという。

果たして、ユナイテッドはルカクを売却するのだろうか。