鎌田大地、ベルギーで13点目!関根との日本人コンビでついにやったぞ

©株式会社コリー

ベルギー1部リーグの7~15位によるプレーオフでふたたび日本人対決が実現した。

オイペン対シント=トロイデン戦で、豊川雄太、冨安健洋、遠藤航、関根貴大、鎌田大地の5人が先発出場。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

すると先制点は日本人ホットラインから生まれる。後半4分、ロングボールを左奥で受けた関根が抜けると、フリーになった鎌田へパス。日本人コンビで得点を奪ってみせた。

これで鎌田は今季13ゴール目。一方、初アシストとなった関根はシーズン終盤にきて存在感を見せ始めている。

そんな試合は1-1の引き分けで終了。冨安、遠藤、鎌田はフル出場、豊川は60分まで、関根は79分までプレーしている。

【関連記事】日本代表入りもあるぞ!いま注目すべき「6人のウィングバック」

なお、木下康介はベンチ入りしたものの出場はなかった。