藤田ニコル、盗撮行為に怒り心頭「撮ってる人はカメラずっと向けられた事あるのかな?」

©メディアシンク株式会社

Photo by 55Laney69(写真はイメージです)

モデルでタレントの藤田ニコル(21)が自身への盗撮に怒りをにじませた。藤田は15日にツイッターを更新し、「やっぱり盗撮にはなれない」と、盗撮の被害に遭ったことを告白。「スーパースター気分で堂々としてればいいのだけど、ずっとカメラ向けられると縮こまっちゃうし沢山目があるみたいでずっと下見ちゃう」と悲痛な想いをつづり、「撮ってる人はカメラずっと向けられた事あるのかな?(どうせ芸能人なんだからと、だったら芸能人辞めれば)って言われるのはもう知ってる!」と苦言を呈した。

また、「テーマパークとかに関してはたまにガチのカメラで盗撮だし本当にしんどい」とさまざまな場所で被害に遭っていることを明かし、ショーなどで盗撮している人もいるという一般ユーザーからの告発に対しては「ファッションショーの時は携帯を置いて推しを全力で応援する方が楽しいよ!私は基本写真撮影ダメなファッションショーで携帯向けられてても、ファンサしにくい。目と目が合わないし」と警鐘を鳴らしていた。

この苦悩に藤田のツイッターには、「芸能人だからってプライベートなことだからやめてほしいよね」「芸能人だから撮っていいなんてことないし普通にダメだよね」「可哀想…盗撮は犯罪だしね」といった声が寄せられていた。

また、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(26)はこのツイートに「芸能人なら勝手に撮っていいだろみたいなのなんなんだろうね」と反応。藤田は「携帯で沢山撮られてても私はミッキーマウス様のような神々しい対応はできません。。私は人間です。。」と悲痛な胸の内を吐露していた。