フジテレビ宮澤智アナが所在なげ…囁かれ始めた「フリー転身」説

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)michaeljung / Shutterstock

フジテレビの宮澤智アナに「退職説」が囁かれ始めた。現在、宮澤アナは昼の情報番組『直撃LIVE グッディ!』に出演中。安藤優子と俳優の高橋克実がMCを務め、宮澤アナは進行役を担当している。

「3月まで『めざましどようび』のMCを担当。4月より現番組に異動しました。安藤はベテラン、高橋は有名俳優ですから、宮澤アナがMCだった『――どようび』のように自由にしゃべることができない。特に安藤は切り出しと意見、高橋は進行役的な立場とうまい棲み分けができています。最初から、どことなく宮澤アナの所在のなさが目立っていましたね」(女子アナライター)

3月まで番組は〝ミタパン〟こと三田友梨佳アナが進行役を務めていた。

「ポンポンしゃべる安藤に、ボケをかます高橋。ミタパンはいつもおとなくし座っている感じ。それでも、たまに発するユニーク発言がいい味を出していました」(同・ライター)

三田アナの最終日、安藤が涙を流したことでも話題になった。お嬢様で有名な三田アナだが、局内外で評判がいいのは確かだ。

「ミタパンは夜の新ニュースの単独MCに昇格。一方、宮澤アナは『――どようび』のMCだっただけに降格とも取れます」(フジテレビ関係者)

 

局側の対応に不満か?

宮澤アナは去る4月12日の金曜日、番組途中で途中退席。週が明けた15日、16日も欠席した。

「このとき、局は具体的な症状について『お答えしておりません』と回答。ところが宮澤アナは復帰した17日、『胃腸炎でした』と明かし、謝罪。局の対応とは違うし、宮澤アナは自分の立場に不満があり、ギクシャクしているという話もあります。退職してフリーの道を考えているとしても、不思議ではありませんね」(前出の女子アナライター)

かつて宮澤アナは局のスポーツ担当だったが、それを外された経緯もある。

「五輪金メダルの水泳の北島康介の引退会見で『自分のどこをホメたいですか?』と聞き、北島は『ヘッ!?』と驚き答えに詰まった。マラソン五輪選考レースで福士加代子に『どんな走りを見てほしいですか?』と聞き、『勝つだけでしょ!』と憮然とされた。彼女は学生時代に大手の芸能プロダクションA社に所属。ビキニギャルとしても売ってきた。フリーになってりA社に入り直すというのもあり得そう」(同・ライター)

Xデーは近いのだろうか。