マイコラス8回2失点で2勝目 カージナルス快勝

©MLB Advanced Media, LP.

【メッツ2-10カージナルス】@ブッシュ・スタジアム

カージナルスは先発のマイルズ・マイコラスが投打にわたる活躍でチームを勝利に導いた。2回裏二死満塁のチャンスで打席に入ったマイコラスは、相手捕手のウィルソン・ラモスの捕逸で先制した直後にセンターへの2点タイムリー。投げては8回100球を投げてメッツ打線を4安打に封じ、奪三振4、与四球2、失点2の安定したピッチングで今季2勝目をマークした。メッツは今季初登板初先発のクリス・フレクセンが5回途中7安打6失点(自責点5)と打ち込まれ、3人のリリーバーも次々に失点。打線も9点ビハインドの7回表にアメッド・ロサリオのタイムリー三塁打などで2点を返すのが精一杯だった。

カージナルスは2回裏に2本のヒットと敬遠で二死満塁のチャンスを作り、捕逸とマイコラスの2点タイムリーで3点を先制。3回裏には無死一・二塁からホゼ・マルティネスのタイムリーとヤディアー・モリーナの犠牲フライで2点を追加した。5回裏には一死三塁の場面でモリーナがタイムリーを放ってフレクセンをノックアウト。6回裏はポール・デヨングとマルティネスのタイムリー二塁打で3点を追加してリードを9点に広げ、7点差となった8回裏にはポール・ゴールドシュミットが特大の8号ソロを左中間スタンドに叩き込んだ。5番のマルティネスは3安打3打点の大活躍。3番のデヨングと6番のモリーナもマルチ安打を記録する活躍を見せた。