【ラ・リーガ】ラングレ&アルバ弾でバルサが優勝に大きく前進!アトレティコは途中出場のルマールが決勝点

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ラ・リーガ第33節が現地時間20日に開催。バルセロナがレアル・ソシエダと、アトレティコ・マドリードがエイバルと対戦した。

【チャンピオンズリーグ】元ユナイテッド監督のモウリーニョがバルサ戦の戦術に苦言を呈す「メッシに自由を与え過ぎ」

夢の3冠に向け着実に歩みを進めるバルサは、45分に左からのCKを獲得すると、ウスマンヌ・デンベレが右足でクロスを供給。クレマン・ラングレがヘディングシュートを叩き込み、幸先よく先制に成功する。さらにバルサは同点に追いつかれた64分、リオネル・メッシのパスを受けたジョルディ・アルバがペナルティエリア内にドリブルで進入。右足で放ったシュートがゴール右隅に吸い込まれ、2-1と勝利したバルサが優勝まで残り2勝に迫った。

ラングレ&アルバ弾で優勝まで着実に前進

【ラ・リーガ】練習拒否で迷惑かけるD・コスタ…シメオネ監督は信頼を強調「彼への評価は変わらない」

8試合出場停止となったジエゴ・コスタが練習拒否したことが話題となっているアトレティコは、アルバロ・モラタのワントップでエイバル戦に臨んだ。アントワーヌ・グリーズマンが累積出場停止と攻撃陣に多くの欠場者を抱えることで、モラタ頼みの攻めとなりなかなか得点に至らない。それでも、85分にディフェンスラインの背後に抜け出したコケがグラウンダーのクロスを送ると、途中出場のトマ・ルマールが左足で押し込む。少ないチャンスをものにしたアトレティコが勝ち点3を奪取した。

堅守速攻でアトレティコがアウェイで勝利