エリザベス英女王が93歳に

国民敬愛、皇室と交流深化

©一般社団法人共同通信社

花束を手に笑顔を見せるエリザベス女王=21日、ウィンザー(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英国のエリザベス女王は21日、93歳の誕生日を迎えた。欧州連合(EU)からの離脱問題で英社会の分断が進む中、国民から広く敬愛されている。在位67年、日本の皇室と親交を重ねてきた女王は、5月に新天皇に即位する皇太子さまとの間でも関係をさらに深める。

 女王はこの日、ロンドン郊外ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で復活祭(イースター)の礼拝に参加。英メディアによると、礼拝堂を後にする際、少年2人から花を贈られ、屋外で待っていた人々からは「ハッピーバースデー」の歌で祝福された。

 女王は1952年に即位。2007年、英史上最高齢君主となった。