科学者提言「ダム操作規則 想定をシビアに」 大洲で住民グループ学習会

©株式会社愛媛新聞社

肱川の治水の在り方について考えた学習会=21日午後、大洲市東大洲

 西日本豪雨時の野村ダム(愛媛県西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作を検証し、肱川の治水を考える学習会が21日、大洲市東大洲の市総合福祉センターであった。住民ら約70人を前に、科学技術者らでつくる「国土問題研究会」(京都市)メンバーが調査結果を発表した。