良血ウィクトーリア、いざオークスへ フローラS

©株式会社日刊現代

良血ウィクトーリア、いざオークスへ フローラS

11 Photos

4月22日、オークストライアルの第54回フローラステークス(GⅡ・芝2,000m)が東京競馬場で行われ、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ウィクトーリア(牝3・美浦・小島茂之厩舎)が中団から差し切り勝ち。ハナ差の2着には2番人気で岩田康成騎手騎乗のシャドウディーヴァが入り、この2頭がオークスへの優先出走権を獲得した。勝ちタイムは1分59秒7(良)。混戦の中1番人気に支持されたセラピアは、2番手からレースを進めるも直線伸びることなく14着に敗れた。

1戦1勝ながら、1番人気に支持されたセラピアと藤岡康太騎手

ウィクトーリアが逃げると思われたが、後手を踏み中団からレースを進める展開に

逃げたのは9番人気ジョディーで、1000mを60秒6で通過。
直線に入りインで脚を溜めたシャドウディーヴァが最内から先頭に躍り出る

4コーナーを回って中団の内を追走したウィクトーリア。直線は外へ進路を変え、前が空いたところでゴーサイン

シャドウディーヴァが先頭に立ったところへ外からウィクトーリアが急襲

内外どちらが勝ったか分からないほどの接戦となったゴール前

僅かハナ差でウィクトーリアに軍配。開幕週の馬場を活かし、上がり3ハロン33.2で差し切った

母は小島茂之厩舎に初G1をもたらせた秋華賞馬ブラックエンブレム。良血馬がまた1頭クラシックへコマを進めた

出遅れながらも落ち着いた騎乗が光った戸崎圭太騎手

2着のシャドウディーヴァもオークスへの出走権を獲得。桜花賞馬グランアレグリアがNHKマイルへの登録で混戦模様のオークスは、5月19日にスタートが切られる

撮影:石井俊平

撮影日:2019年04月22日