アーセナル監督、失態のムスタフィを擁護 どうかばったのか

©株式会社コリー

プレミアリーグ第35節、ホームでのクリスタル・パレス戦に2-3で敗れたアーセナル。

直近3試合はクリーンシートを記録していたのだが、痛恨の黒星になってしまった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

動画を見たい場合はここをタップ!

批判対象のひとりとなっているのが、DFシュコドラン・ムスタフィ。ウィルフリード・ザハへの対応を誤り、2点目を許してしまった(動画2分50秒~)。 

ただ、ウナイ・エメリ監督は不安定さを露呈した彼のことを擁護したようだ。『Evening Standard』によれば、「ムスタフィは一貫している」と答えたという。

ウナイ・エメリ(アーセナル監督)

「相手にはとてもいい選手がいたし、セットプレーもうまくいかなかった。

今日はセットプレーでもっとよくやれていたら、勝てていたかもしれない。

ポゼッションもコントロールできていたが、相手がよく守った。得点するための最善策を見つけられなかった。

選手たちはとてもいいプレーすることもあるし、時に適切な注意を欠くこともある。

だが、私はシーズンを通して見せてきた一貫性のほうを話したいね」

これまでは安定したパフォーマンスを見せてきたと述べていたようだ。

【関連記事】「アーセナル、この夏に獲得すべき3人のセンターバック」

プレミアリーグ、そしてELがクライマックスを迎えるなか、アーセナルはどのような戦いを見せるだろうか。