FBI、国境自警団リーダー逮捕

米、移民拘束の「愛国者」

©一般社団法人共同通信社

 【ロサンゼルス共同】米連邦捜査局(FBI)は21日までに、西部ニューメキシコ州の国境地帯で武装し、不法移民を拘束していた自警団のリーダーの男(69)を武器の違法所持容疑で逮捕した。米メディアが報じた。

 男は「愛国者」を名乗り、トランプ大統領の支持者。自警団メンバーと国境地帯で越境してきた移民を拘束し、当局に引き渡していた。人権団体や民主党が違法性を指摘し、当局に捜査を求めていた。

 ニューメキシコ州の司法長官は声明で「(移民の)子どもや家族の前で武器を見せつけた重罪犯だ。法治は自警団ではなく、法執行機関が担う」と強調、自警団の活動を認めない姿勢を示した。