『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

©株式会社イード

『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

Insomniac GamesのプログラマーElan Ruskin氏は、PS4タイトル『Marvel's Spider-Man』の誰も気付くことがなかったイースターエッグの内容を公開しました。

その内容は、「現実の土曜日に本作をプレイすると、ユダヤ系の人々は街に現れない」というもの。土曜日はユダヤ教の安息日とされているため、ユダヤの人々は働く、もしくは外出をしないということが由来です。小さいながらもこだわりの窺えるイースターエッグとなっています。

また、Ruskin氏はこのツイートに続けて「フォトモード」で使用できる「セルフィー」の裏側を披露。スパイダーマンが自撮りをしている様子を外側から見ることができます。プレイヤーとしては気になる部分ですが、所構わず(空中であっても)自撮りを敢行するために姿はなんともシュールです。