愛知・瀬戸でまた豚コレラ

1200頭処分開始

©一般社団法人共同通信社

防疫作業などの準備が行われる、豚コレラが新たに発生した愛知県瀬戸市の養豚場の付近=22日午前

 愛知県は22日、同県瀬戸市の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。農林水産省は一連の豚コレラの22例目としており、愛知県内では9例目。同県では21日にも田原市で確認された。県は養豚場が飼育する全約1200頭の殺処分を始めた。

 養豚場から21日、食欲がない豚や死んだ豚がいるとの通報があり、県が立ち入り検査。食欲不振の10頭と死んだ1頭を遺伝子検査し、22日に全頭から陽性反応が出た。

 養豚場は3月27、29日と4月10日に感染を確認した計3施設から南西約500メートルにあり、同じ「養豚団地」を構成していた。3月27日以降は出荷していない。