ベッキー“不倫ネタ”で笑いを取り批判続出「あの図々しさ本当嫌」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

ベッキー

(C)まいじつ

4月21日放送の『行列のできる法律相談所 3時間SP』(日本テレビ系)にタレントのベッキーが出演。この日司会の明石家さんまから過去の不倫を蒸し返され、それに応じつつ新婚のラブラブっぷりをアピールした。しかし視聴者からは「不倫をネタにするな」とベッキーを非難する声が相次いだ。

ベッキーは番組冒頭、さんまから新婚生活の様子を問われ「ありがたい生活を送っています」と頭を下げた。さんまは、かつて不倫で世間をにぎわせたことを引き合いに出し、「ベッキーみたいにいろんなことがあると、これが幸せ(なんだろう)」「低いハードルで(幸せに)思えるから」などと祝福。うなずく周囲にベッキーは「本当に(お祝いしたいと)思ってます?」と自虐交じりに言い放ち、笑わせた。

 

「不倫報道は人生が変わる!」と笑わせたが…

番組序盤、元プロ野球選手で現在は巨人のコーチを務める片岡治大氏との新婚生活について聞かれたベッキーは、から揚げ料理が夫に喜ばれていると明かした。これに反応したさんまは「料理する時間、あったからな」と、不倫報道に伴い長い謹慎期間があったと示唆。過去を蒸し返されたベッキーは思わず数秒間うつむくそぶりを見せたが、周囲は笑いで〝フォロー〟していた。

ベッキーはその後、宮迫博之と一緒にいるところを写真週刊誌に撮られそうになったことを明かした。さんまが「面白い」と評すると、「面白くないよ!」と一喝。「(不倫騒動は)人生変わるんだから!」と叫び、周囲を笑わせた。

スタジオでは過去の不倫歴を笑いに変えていたが、視聴者からはベッキーが不倫話を堂々と話したことに反発する声も。

《ベッキー。開き直りあの図々しさ本当嫌》
《ベッキーがテレビ出るのは勝手だけど不倫は「人生変わるから〜!」って笑顔で笑い話にできないから。人生変わったのはあの人の元奥さんでしょ》
《不倫をネタにしてるけど、1つの家庭ぶち壊しておいてTVで自分は今幸せですトークするのが無理》

結婚はしたものの、〝ゲス不倫〟のイメージがついてまわるベッキーにはイバラの道しかなさそう。話をすれば「図々しい」、タブーにすれば「白々しい」となるからだ。

さっさと引退するべきかもしれない。