沖縄・北谷町の事件に抗議へ 県議会

©株式会社沖縄タイムス社

(資料写真)沖縄県議会

 沖縄県議会の米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は22日午前、北谷町内で起きた米海兵隊所属の海軍3等兵曹が日本人女性を殺害し、その後自殺したとみられる事件に対する抗議決議と意見書の両案を本会議に提案することを全会一致で決めた。県民への謝罪や遺族への完全な補償、再発防止などを求める。26日予定の臨時会に提案し、全会一致で可決される見通し。

 抗議決議などでは、海軍兵に対し、女性への接触禁止命令が出ていたにもかかわらず、外出許可を与えた米軍の対応を「監督責任が問われる」と非難。米軍基地の集中する状況を取り上げ、「基地があるがゆえの事件、事故と言わざるを得ない」と指摘している。

 また、2016年に起きた米軍属による女性殺害事件に続き、「繰り返された凶悪事件は、県民に大きな不安と衝撃を与えた」と強調し、強く抗議する。