興南4強 筑陽学園(福岡)に6-1で勝利 春季高校野球

©株式会社沖縄タイムス社

 高校野球の第144回九州大会(春季九州大会)第3日は22日、鹿児島県の平和リース球場ほかで準々決勝を行い、県代表の興南は筑陽学園(福岡)に6―1で勝利し、昨秋大会の雪辱を果たして4強に進んだ。

 興南は0―1の六回1死一、二塁、2番根路銘太希のランニング本塁打で逆転に成功。八回にも3点を追加し、だめを押した。

 投げては先発の又吉航瑶が六回途中を5安打1失点と粘投。六回無死三塁で継投した宮城も、この回を2三振と左飛で無失点に打ち取って勢いづけ、好機をつないだ。