「ゆうちょPay」が5月8日に開始。口座登録で現金500円がもらえるキャンペーンも

©株式会社 音元出版

ゆうちょ銀行は、スマートフォンを活用した決済サービス「ゆうちょPay」を5月8日に開始すると発表した。

「ゆうちょPay」のロゴ

ゆうちょPayは、専用のスマートフォンを操作することで、あらかじめ登録したゆうちょ銀行の口座から代金を即時に引き落とすサービス。銀行口座直結型のため、クレジットカードの登録や事前チャージを行う必要はない。

またGMO-PGが提供する、同様の決済システムを導入する金融機関(横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループの福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)と相互利用が可能となる「銀行Pay」により連携し、銀行や地域を超えて決済サービスを利用できる。なお沖縄銀行、ほくほくフィナンシャルグループの北陸銀行、北海道銀行が導入予定としている。

ゆうちょPayが使える主なお店として、5月8日のサービス開始時から対応する店舗は、ヤマダ電機・エディオン・ケーズデンキといった家電量販店をはじめ、ウエルシア、ハックドラッグなどのドラッグストアなども対応。2019年上期には、松屋、東急ハンズ、ミニストップ、ジョーシンなどが対応するとしている。また下期以降の対応としてポプラ、ビックカメラグループなどが公開されている。

対応店舗・対応予定店舗の一例

サービス開始を記念し、「ゆうちょPayデビューキャンペーン」も実施。5月8日から9月30日の期間中、新規ダウンロードし口座登録を行ったユーザーを対象に、先着100万名に現金500円がプレゼントされる。また公式Twitterをフォロー・リツイートを行うことで、抽選で毎月2,000名にアイスクリーム店やコーヒー店などで使えるデジタルギフトがプレゼントされるキャンペーンも開催。こちらは即時抽選となっており、開催期間は5月8日から2020年3月31日まで。