企業の採用形態多様化へ

経団連、大学が中間報告

©一般社団法人共同通信社

定例記者会見で記者の質問に答える経団連の中西宏明会長=22日午後、東京都千代田区

 経団連と大学による産学協議会は22日、従来の春の新卒一括採用に加え、複線的で多様な方式による採用形態へ秩序をもって移行すべきだとした中間報告を取りまとめた。経団連の中西宏明会長は同日午後の定例記者会見で「一括採用で入社した大量の人を効率よくトレーニングする考え方は、今の時代には合わない」と指摘。グローバル化やIT化に対応できる人材を育てる仕組みづくりが今後の課題だと訴えた。

 報告では、大学3年生で始まる現行の採用日程では、大学教育が実質的に3年間にとどまり、不十分だとの考えも盛り込んだ。