眼鏡の鉄道ファン 列車満喫! MR路線でイベント

©株式会社長崎新聞社

洗車機で車両を洗う様子を見学する参加者=佐々車両基地

 眼鏡をかけた鉄道ファン向けのイベントが21日、松浦鉄道(長崎県佐世保市、MR)の佐世保駅-有田駅区間であり、市民らが車両基地の見学や列車の旅を楽しんだ。

 MRと三井化学(東京)が主催。三井化学は、眼鏡レンズ用の材料「MRシリーズ」を製造、販売。同じ「MR」にちなみ、2018年10月から1年間、「メガネレンズ号」と名付けた列車を運行している。同社の製品をPRするため企画した。

 参加者はメガネレンズ号に乗り込み、佐世保駅を出発。検査や修理を担う佐々車両基地(北松佐々町)では、洗車機で車両を洗う様子などを見学した。松浦市立御厨小3年、田中結葵さん(8)は「初めて列車を洗うところを見られて楽しかった」と話した。