芝生の上で柴犬の映画を見よう 6月に渋川でSHIBAフェス

©株式会社上毛新聞社

映画版「柴公園」のポスター

 芝生の広場で愛犬と一緒に映画を見ませんか―。群馬県渋川市などは6月8日、同市中村の中村緑地公園で、ドラマ・映画「柴公園」とタイアップしたイベント「SHIBAフェスin渋川市 中村緑地公園が今日だけは柴公園」を開く。公園内に大型スクリーンを設置し、市出身の俳優、渋川清彦さんが主演する映画「柴公園」を先行上映。柴犬をはじめとする犬が楽しめるドッグランなどのスペースやイベントも用意し、愛犬家や映画ファンを呼び込む。

◎「柴公園」主演の渋川清彦さんトークも

「柴公園」は、柴犬を連れて公園に集まる男性たちの日常を描いた物語。フェスでは、臨時ステージの上に172インチ(3.8メートル×2.1メートル)のスクリーンを置き、同月14日公開の映画版を上映する。入場者は芝生に思い思いに座って観賞する。キャストの渋川さんと大西信満さん、ドロンズ石本さんらによるトークショーもある。

 柴犬が登場する作品だけに、犬向けのイベントを豊富に用意した。写真撮影会やドッグラン、タイムレースのほか、犬用グッズの販売ブースを設ける。同市は「柴犬以外の犬種はもちろん、ペット連れでない人も大歓迎」としている。

 市は、交流人口を増やして地域ににぎわいを生みだそうと、豊かな自然や観光資源、交通の利便性をアピールしてイベント誘致に力を入れており、フェスもその一環。市をはじめ、渋川伊香保温泉観光協会や大手旅行会社のJTBなどで実行委を組織し、企画した。

 フェスは午前9時半~午後4時半。映画上映は午前10時半からと午後2時15分からの2回。フェスエリアへの入場は大人1500円、3歳以上中学生以下1000円、犬800円。JTBのサイトで22日、チケットの販売を始めた。