桐生祥秀が10秒10で優勝

陸上アジア選手権

©一般社団法人共同通信社

男子100メートル決勝で力走する桐生祥秀(左)。10秒10で優勝した=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】陸上のアジア選手権第2日は22日、ドーハで行われ、男子100mで桐生祥秀が追い風1.5mの決勝を10秒10で制した。日本人ではこの種目初優勝で、今大会初の金メダル。準決勝を10秒18で通過した山県亮太は右太もも裏の違和感のため決勝を棄権した。

 女子走り幅跳びの高良彩花は6m16で銀メダルを獲得。同ハンマー投げの渡辺茜は63m54、男子やり投げの新井涼平は81m93で3位に入った。

 女子400m障害の宇都宮絵莉は57秒38で4位。男子400mのウォルシュ・ジュリアンと同400m障害の安部孝駿は5位、同三段跳びの山本凌雅は7位だった。