潮田CEO「電撃辞任表明」で新たなラウンドへ 経営者バトル、次のヤマ場はどこだ

©株式会社ジェイ・キャスト

創業家出身の会長と、「プロ経営者」の対立――住宅設備大手のLIXIL(リクシル)グループのかじ取りをめぐる攻防は、ここにきて新たな局面を迎えた。

LIXILの内部紛争、次の展開は…(Rs1421さん撮影、Wikimedia Commonsより)

辞任を宣言してもなお、対立する瀬戸欣哉・前CEOへの批判を続ける潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)。これに反論する瀬戸氏。異例のお家騒動は、まだ出口が見えそうにない。

解任回避狙い?物議も

事態が動いたのは、2019年4月18日。東京都内で記者会見した潮田洋一郎会長兼CEOが、5月20日開催予定の取締役会で取締役を辞任し、6月の定時株主総会後に会長兼CEOも退任すると表明したのだ。

潮田氏は昨秋、前CEOだった「プロ経営者」の瀬戸欣哉氏を退任させ、自らCEOに就く人事を主導したが、海外の機関投資家らが「手続きに疑問がある」などと批判し、臨時株主総会で潮田氏を解任するよう求めていた。潮田氏の突然の辞任は、解任を回避するためと見られ、物議を醸している。

潮田氏が取締役と会長兼CEOの辞任を表明したのは、イタリアに本社を置く子会社が巨額の損失を出し、業績予想を下方修正したのが表向きの理由だ。潮田氏は記者会見で「巨額損失の責任は社長兼CEOだった瀬戸氏にあるが、瀬戸氏を任命した私にも責任がある」と、辞任の理由を述べた。

海外の機関投資家らは潮田氏のほか、社外取締役から社長兼最高執行責任者(COO)に就任した山梨広一氏についても、臨時株主総会を開き、解任するよう求めている。この日の記者会見では、山梨氏も6月の定時株主総会で取締役を退任すると発表した。潮田氏と山梨氏は、前CEOの瀬戸氏の退任と自らのCEO、COO就任を決めた指名委員会の委員だったため、投資家から「お手盛り人事」の批判を浴びていた。

潮田氏「びっくりした」

海外投資家らが求める臨時株主総会は5月に予定されており、潮田氏と山梨氏の突然の辞任発表は、解任を回避するのが目的と受け止められても仕方ないだろう。潮田氏は会見で「今回の赤字は3年間の前CEOがもたらしたもの。私が瀬戸氏を招いたのは失敗だった」と、瀬戸氏を痛烈に批判した。瀬戸氏を退任に追い込んだ昨秋の人事については「何ら瑕疵はないと(第三者委員会の弁護士の)お墨付きをいただいている」と、自らの潔白を説いた。しかし、この人事をめぐる弁護士の調査報告書は一連の人事を「いささか透明性を欠くものと言わざるを得ない」と批判しており、「お手盛り人事」を「容認」する内容とは言い難い。

潮田氏が海外子会社の巨額損失を理由に会長兼CEOを辞任すると表明したことについて、瀬戸氏は18日、「業績悪化を理由とした辞任で、臨時株主総会を回避しようというのは話のすり替えに思える」とのコメントを発表。記者団に「びっくりした。業績が悪くて辞める時はCEO、COOをやめるはずなのに、取締役を辞めるのは不自然。臨時株主総会はガバナンス(企業統治)を問うものだったので、違和感がある」と述べた。

瀬戸氏は6月の定時株主総会で自らを取締役として続投させる人事案を株主提案し、可決されればCEO復帰を目指すと表明している。一方、潮田氏は会長兼CEOを辞任しても、アドバイザーとして経営に関与する姿勢を示し、山梨氏も執行役など取締役以外のポストに就く可能性を示唆している。潮田氏はLIXILの前身のひとつ旧トステムの出身。「プロ経営者」の瀬戸氏と創業家出身の潮田氏との内紛は泥沼化の様相を示しており、株主総会に向けた両陣営の攻防が続きそうだ。