新天皇侍従長に小田野東宮大夫

代替わり考慮しスライド

©一般社団法人共同通信社

小田野展丈氏(左)、河相周夫氏

 5月1日に即位する新天皇を支える側近トップの侍従長に、現在は皇太子さまの側近部局の長を務める小田野展丈東宮大夫を充てる人事が23日、閣議で決まった。退位後に上皇となった天皇陛下を支えるために新設される上皇職のトップ上皇侍従長には、河相周夫侍従長が就く。代替わり後の活動を円滑に進めるため、いずれも1日付でスライドさせる。

 侍従次長には加地正人東宮侍従長を、上皇侍従次長には高橋美佐男侍従次長が就く。皇位継承順1位の皇嗣となる秋篠宮さまの最側近である皇嗣職大夫は、加地隆治宮務主管が担う。