超党派議連が靖国集団参拝

春季例大祭に約70人

©一般社団法人共同通信社

集団で参拝に向かう「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の尾辻秀久会長(前列右)ら=23日午前、東京・九段北

 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバー約70人は23日午前、靖国神社(東京・九段北)を集団参拝した。21~23日の春季例大祭に合わせた。政府から佐藤正久外務、小里泰弘農林水産、城内実環境の各副大臣や衛藤晟一首相補佐官らも参列した。

 参拝後に記者会見した尾辻氏は、平成から令和への天皇代替わりについて「だんだん戦争が風化していくのが心配だ」と懸念した。安倍晋三首相の参拝見送りに関しては「国のための判断なら、亡くなった方々は理解すると思う」と語った。

 議連による参拝は昨秋の例大祭の際と同規模。