米、前大統領法律顧問に召喚状

司法妨害で下院司法委員長

©一般社団法人共同通信社

トランプ米大統領の法律顧問だったマクガーン氏=2018年9月、米ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米民主党のナドラー下院司法委員長は22日、トランプ大統領によるロシア疑惑捜査への司法妨害の疑いに関し、前大統領法律顧問のマクガーン氏に対して議会証言を求める召喚状を出した。

 ナドラー氏は声明で「マクガーン氏はロシア疑惑捜査報告書に書かれた(トランプ氏による)多くの司法妨害の疑いや不正な行為の決定的な証人だ」と指摘した。書面での証言を5月7日、議会証言を5月21日までにそれぞれ実施するよう求めた。

 司法妨害を巡っては、トランプ氏が2017年5月にコミー連邦捜査局(FBI)長官を突如解任したことが、妨害に当たるかどうかが焦点の一つだった。