【部員が見る東大軟式野球2019春⑤】投打噛み合い立教大に勝利 今リーグ3度目の完封勝ち

©公益財団法人東京大学新聞社

軟式野球部春季リーグ第5戦vs立教大学(4月9日)

東大 0 0 0 0 1 1 1 0 0 | 3

立大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

相手は今リーグ未だ勝ちの無い立教大学。優勝を狙うなかでこの試合はどうしても落とせない一戦。東大はエース西野(育・4年)をマウンドに送り出した。

今リーグ自責点0で好投を続ける西野は、序盤から立教打線に安打は許すものの危なげのないピッチングで相手に得点を許さない。対する東大も相手先発投手の緩急のあるピッチングに苦戦し、なかなかチャンスを作ることが出来ない。

五回、先頭の西野がセンターへ安打を放つと続く保知(経・3年)がバントで送る。その後西野は意表を突く三盗を決め、1死三塁のチャンスを作る。ここで八番村田(理I・2年)が相手バッテリーの外してきたボール球に食らいついてスクイズを決め、東大が先制点をあげた。

2打点をあげる活躍を見せた村田(理I・2年)(写真は軟式野球部提供)

六回にも、安打を放って先頭で出塁した川﨑(経・4年)を串田(経・3年)がバントで送る。続く吉川(工・3年)は四球、バッテリーミスも絡み1死二・三塁とチャンスを広げる。ここで代打水田(文I・2年)がエンドランにより内野ゴロを打つ間に川﨑が還り、追加点をあげる。

七回には、先頭の保知が左中間を破る三塁打を打ち、続く村田のレフトへの犠牲フライでもう一点を得る。

今シーズン3度目の完封勝利に導いた投手西野(育・4年)(写真は軟式野球部提供)

エース西野はその後もテンポの良い投球で相手に点を与えず、今リーグ三度目となる完封を成し遂げた。

文責:軟式野球部 赤羽祐紀(理I・2年)

【部員が見る軟式野球2019】

開幕戦、西野投手の好投で慶應大に粘り勝ち

チャンス生かせず明治大に惜敗

西野投手の好投で法政大下し序盤戦勝ち越す

エース好投も慶應大にサヨナラ負け喫す