『轢き逃げ』中山麻聖らがロケ地・神戸に凱旋、水谷豊監督「電話1本で神戸をロケ地に決めた」

©映画ランド 株式会社

映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』神戸凱旋舞台挨拶が22日、神戸新聞松方ホールにて行われ、キャストの中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、檀ふみ、テーマソングを歌う手嶌葵、監督の水谷豊、撮影監督の会田正裕が登壇した。

MCの呼び込みで一同が登壇すると満席の場内からは割れんばかりの拍手が起こった。冒頭の挨拶で、主演の中山は、「この街で生まれた作品を神戸の皆さんの前で上映できることを1年前から待ち遠しく思っていました」と神戸でのロケに思いをはせながら喜びを表現。一方、「緊張しいなので」と話す石田は、挨拶で噛んでしまう場面も。そんな石田を舞台上で弄る中山。2人の姿は、映画の秀一と輝そのものだった。

最初に、なぜ神戸をロケ地に選んだのかという質問に対して、水谷監督は「ある地方都市を探しているときに、会ちゃん(会田撮影監督)との電話で提案されて、その電話1本で決めて、神戸をイメージして脚本を書いたんです」と明かした。一方で、その電話で神戸をロケ地に提案した会田撮影監督は、「一番決め手になったのは、元港(もとこう)の中古レコード屋さんで水谷豊のLPがあったこと」と冗談を飛ばしつつ、神戸の街並みが水谷監督の話す世界観とぴったりだったから、と話した。

また、テーマソング「こころをこめて」を「歌詞もメロディもとてもやさしかったので、見てくれるお客さんに寄り添えるように」歌ったという手嶌について、水谷監督は、「手嶌さんしかイメージできなかったから、断られたらどうしようと、始まるまでが僕のサスペンスでした(笑)」と話した。

檀は、初めての水谷組の感想を聞かれると、「まだ水谷組は2度目なので…(笑)。これからは毎回出ようと思っています!監督お願いします!」と水谷監督に猛烈にアピール。また、水谷監督を「天才!世界中の監督に見習ってほしい」と大絶賛。水谷監督は「穴があったら入りたい」と照れ笑いする場面も。

撮影中の神戸での過ごし方に話が及ぶと、中山、石田、小林は、オフの日に出かけた先のお土産をホテルの互いの部屋のドアノブに掛け合っていた、という貿易(?)エピソードを披露。そのことを知っていたかと聞かれた水谷監督は、「僕の部屋にはかかってませんでしたよ。」とウィットのきいたジョークをチクリ。会場を爆笑に包んだ。

最後に、水谷監督は、次の構想はあるか、と聞かれると、「60代のうちに3本撮りたい」と、『TAP -THE LAST SHOW-』、そして『轢き逃げ -最高の最悪な日-』に続く次回作への期待が高まるコメントを残し、舞台挨拶は終了した。

映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』は5月10日(金)全国ロードショー

(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会