神戸・三宮の市バス事故 県警が市バスの営業所を家宅捜索

ドライブレコーダーには運転手が叫ぶ様子記録

©株式会社 サンテレビジョン

21日JR三ノ宮駅近くの横断歩道で市営バスが歩行者をはね、8人が死傷した事故で警察は、23日市バスの営業所を家宅捜索しました。

過失運転致死傷の疑いで家宅捜索を受けたのは神戸市中央区にある市営バスの中央営業所です。

この事故は21日午後、神戸市中央区のJR三ノ宮駅近くの県道で市営バスが複数の歩行者をはね、明石市の大学生柳井梨緒さん(20)と神戸市須磨区のアルバイト那須勇成さん(23)が死亡、ほかにも6人が重軽傷を負ったものです。

警察は、過失運転致死の疑いで現行犯逮捕していた64歳のバスの運転手の身柄を23日、神戸地検に送りました。

また、捜査関係者への取材で現場にはブレーキ痕はなく、事故当時運転手はブレーキではなくアクセルを踏んでいて時速15キロから20キロくらいのスピードで歩行者の列に突っ込んだ可能性があることが新たにわかりました。

このほか、バスのドライブレコーダーには事故直前に運転手が「わー」と叫ぶ様子が記録されていたということです。

この事故で犠牲となった柳井梨緒さんが通っていた尼崎市の園田学園女子大学は取材に対し、「柳井さんは大学での友人も多く優しく思いやりのある人。 将来、医療現場で活躍されると思っていたのでとても残念です。」とコメント。

一方で、那須勇成さんのアルバイト先のスーパーは「悲しいさみしい悔しいという言葉では片づけられない。ただただ、残念です」と話していました。