ドラマ「ラジェーションハウス」乳がん検診の怖さ 「明日検査に行く!」「勉強になった!」共感の声殺到

©株式会社ジェイ・キャスト

窪田正孝主演のフジテレビ系ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第3話が22日(2019年4月)に放送されたが、乳がんがテーマとあって、ネット上では「明日、乳がん検査予約する」「自分の身は自分で守らなきゃ」といった共感の声が相次いだ。

ドラマは、主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)ら総合病院の放射線科(通称ラジエーションハウス)のスタッフが患者の見えない病を見つけ出す戦いを描いている。

日本人に多い乳がんがわかりにくい「デンスブレスト」

第3話では、スタッフの1人の婚約者の女性誌編集者・今日子(内山理名)が、マンモグラフィ検査を受けにやってくる。今日子は「デンスブレスト」という乳腺密度が濃く、乳がんが見つかりにくい乳房だったため、「異常なし」との診断結果が出た。しかし、唯織はマンモ画像を見て今日子の「異変」に気づき、再検査の結果、乳がんとわかるストーリーだ。

「デンスブレスト」は日本人女性に多い乳房のタイプだ。今日子は乳がん検診の大切さを訴える記事を雑誌に掲載するが、その中で「デンスブレストは、マンモグラフィではがんを見つけにくい。雪山の中で白ウサギを探すのに似ている」と、非常にわかりやすい表現で書いたのだった。

ネット上ではこんな声が相次いだ。

「泣きました。とても勉強になりました。早期発見が大事ですね。乳がん検診に行こうと思いました」

「これはひどい話ですよ。異常なしから、乳がんで右胸全摘出になるとは。自分で、『デンスブレストじゃないですか?』なんてなかなか聞きづらいが、今日子は体験記の記事で、自ら聞くようにと言っています。とても参考になりました」

「軽い検診だけの異常無しは安心出来ないですね。現実がよく分かりました」

「11人に1人がなると言われる乳がんです。深く考えさせられました」

(テレビウォッチ編集部)