福井の杉本知事が初登庁

「明るく元気に前向きに」

©一般社団法人共同通信社

福井県庁で就任記者会見をする杉本達治知事=23日午前

 7日投開票の福井県知事選で初当選した元総務官僚の杉本達治氏(56)が23日、初登庁した。知事選では杉本氏と、5選を目指した西川一誠氏(74)の支援を巡り自民党県議が分裂する選挙となり、自民の推薦を受けた杉本氏が西川氏らを大差で破った。

 杉本氏は県庁前で女性職員から花束を受け取った後、集まった職員らを前に「県内を明るく元気に前向きに変えていくことを期待されている。全職員と一緒にやりたい」とあいさつした。

 県庁での就任記者会見では、原発政策について「発電は担うが、使用済み核燃料や放射性廃棄物は県外で処理するという大原則を守っていく」と強調した。