競泳コーチ、教え子にパワハラか

水連が3年間の資格停止処分

©一般社団法人共同通信社

 教え子へのパワハラや暴言などがあったとして、日本水連が競泳日本代表のコーチを務めた経験もある萱原茂樹氏に3年間のコーチ資格停止処分を下したことが23日、分かった。水連幹部によると3月に処分を決めたが、萱原氏側が不服申し立てを申請。第三者委員会で調査中のため、処分は確定していない。

 昨年末に選手の保護者から日本スポーツ協会に連絡があり、問題が発覚。萱原氏は競泳女子でリオデジャネイロ五輪代表の青木智美選手(あいおいニッセイ同和損害保険)を指導してきた。