【聖地巡礼】大人気ゲーム「ペルソナ5」の舞台を巡るおすすめコース!「渋谷・三軒茶屋篇」

©NTT DOCOMO, INC.

日本のみならず海外でも人気を誇るゲーム「ペルソナ5」。物語の舞台となる「東京」を訪れるなら、実際に聖地巡礼をしてみてはいかがでしょうか?今回は渋谷と三軒茶屋エリアにある5スポットをご紹介します!

「ペルソナ5」とは

SONYのPlayStation(R)3/PlayStation(R)4用に発売されたRPGゲームのこと。高校生である主人公が、学校生活や友情、恋愛など身近な出来事を体験する一方で、放課後には怪盗に変身し、弱き人々を救うために大都会を暗躍するというストーリーです。
「ペルソナ」はこれまでに数多くのシリーズが発売されていますが、今回ご紹介する「ペルソナ5」はシリーズ初の、架空ではない実在する街として「東京」が舞台に。そのリアルな再現性が話題を呼び、実際に現地を訪れるファンがたくさんいます。今回の記事では、中でも特徴的な5つのスポットをご紹介します!

「アジト」がある渋谷駅の連絡通路は絶対行きたい!!

主人公たち怪盗団の仲間が集まり、作戦会議などをしていた「アジト」のひとつ、それが「渋谷・帝急ビルの連絡通路」。実際の場所は、「渋谷駅」の地下鉄銀座線の改札と、京王井の頭線の改札との間に位置しています。向かい側には、有名なアーティスト・岡本太郎作の壁画「明日の神話」が。主人公たちも作戦会議をしながらこの壁画を眺めたり、大きな窓から渋谷の街並みを見下ろしていたかもしれない…、そんなふうに想像するのも楽しいですね!

「セントラル街」こと渋谷センター街を歩こう

渋谷の街を象徴する有名な通り「渋谷センター街」は、ゲーム中では「セントラル街」として登場します。実際に街を歩いてみれば、見覚えのある看板や店構えが見つかり、ファンなら興奮すること間違いなし!ただし、実際のスポットは、ゲーム内での距離・位置とは異なっていたり、裏路地の「ミリタリーショップ」など存在しないお店もあるのでご注意を。アクセスはJR渋谷駅ハチ公口改札からすぐ。スクランブル交差点を対角に渡った場所にあります。

「駅前広場」ことハチ公前広場を散策した後、田園都市線に乗る

ゲーム内のキャラクターである政治家・吉田寅之助が演説をしていた「駅前広場」は、渋谷駅前の有名な待ち合わせスポットである「ハチ公広場」がモデル。特徴的な電車のモニュメントも実際に置かれており、車内に入ることもできます。ここは観光案内所として機能しており、英語を話せるスタッフが常駐しています。
さて続いては、主人公が通学に利用していた東急田園都市線に乗り、「四軒茶屋」こと「三軒茶屋」エリアをめざしましょう。

「純喫茶ルブラン」のある「四軒茶屋」こと三軒茶屋の裏路地を散策

渋谷から電車に揺られること約5分、到着するのは「三軒茶屋駅」。駅周辺の北側エリア、頭上を首都高が走る国道246と世田谷通りに囲まれた場所(駅から約230mほどの距離)が、ゲーム内では「四軒茶屋」として再現されています。各施設は実際の配置とは異なりますが、雰囲気はまさに作中そのもの。辺りをそぞろ歩くだけでもゲームの中に入り込んだ気分に浸れるはずです。
また、主人公が居候している「純喫茶ルブラン」は実在しないお店ですが、周辺外観のモデルになった「スナック ニューマリーナ」というお店は存在しています。

「富士の湯」こと千代の湯の自販機で回復ドリンクをゲット!?

「スナック ニューマリーナ」の向かい側には、レトロな銭湯「千代の湯」が!「ペルソナ5」ファンにはおなじみ、ゲーム内で「富士の湯」と名付けられていた、あのスポットです。看板やトタン、コインランドリーなど、まさに作中の雰囲気そのもの!かなりの再現率にきっと驚くはずです。ゲーム内では自販機で回復ドリンクを買える場所でもあるので、ぜひ主人公になった気分でお好みのドリンクを購入してみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介した以外にも、まだまだ聖地巡礼スポットは存在しています。ぜひ訪れて、渋谷・三軒茶屋の街歩きを楽しんでくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。