会計検査院が企業型保育事業の改善要求

©一般社団法人共同通信社

 企業が国の助成を受けて運営する企業主導型保育所で定員割れが多発しているとして、会計検査院は23日、事業を所管する内閣府に改善を求めた。調査した約3分の1に当たる72施設で1年間の平均利用割合が定員の50%未満だった。