爆笑問題「全員で海のオールロケに挑戦したい」、深海バラエティー第5弾に手応え

©株式会社東京ニュース通信社

5月19日放送のフジテレビ系バラエティー「爆笑問題の深海WANTED~光るサメ!巨大怪魚!!激レア生物・全国大捕獲スペシャル~」(午後4:05=テレビ静岡制作)は、深海の神秘に迫るバラエティーの第5弾。MCを爆笑問題(太田光、田中裕二)が務める。

これまで世界の深海を舞台に希少生物の捕獲と展示に成功してきたが、今回は沖縄美ら海水族館と横浜・八景島シーパラダイス全面協力のもと、日本の深海を舞台にする。沖縄の深海ではタレントのJOYが光る深海サメのフジクジラを、東京湾では巨大怪魚アブラボウズを品川庄司の庄司智春が捕獲に挑む。

田中は「5回目の今回も素晴らしい結果と思いもよらない展開が待ち受ける。VTR以上にスタジオの無駄話も盛り上がった」と手応えを明かすと、太田は「その無駄話も放送ではカットされていると思うので、もはや人間不信。オンエアは見ない」と不満を漏らす。続けて「見どころは子どもの笑顔。最後の30分は感動で涙が止まらなかった」と語るも、「僕は毎回子どもの笑顔の映像をもらって独自に編集して家で見ながら泣いています」とボケていた。

JOYと庄司の奮闘がVTRの見どころで「2人とも熱い男だし、庄司に至ってはトレードマークのタンクトップ姿を一度も見せずに大奮闘。ミキティにも見てほしい」とアピール。太田は「2人が3日間のロケをフルに使って海に出てくれた」と感謝し、「第6弾があるなら、スタジオのメンバー全員で海でのオールロケに挑戦してみたい」と期待している。